トップ > 細木数子さんについて > 細木数子さんの経歴

細木数子さんの経歴

細木数子さんの六星占術は有名で、絶大な支持を誇っている占いです。細木数子さんのファンで、六星占術も好きな人でも、細木数子の今に至るまでの経歴をご存知ない方は多いと思います。


それでは、細木数子さんのその波乱万丈な人生の経歴を簡単にではありますが、ご紹介させていただきます。


細木数子さんは、17歳ですでにコーヒー店で働き、20歳で銀座にクラブを開くなど、飲食店の仕事をやられていたそうです。そして、21歳で結婚し、主婦をしながら子供洋服店を開店しています。その後離婚されているようです。


1971年には不動産詐欺の被害に遭い、10億近くの借金を抱えたらしい。しかし、赤坂のクラブの経営が成功し、1975年には借金を返して、ディスコマンハッタン経営で大きな収入を得たらしいです。


1977年には、借金の連帯保証人であった眼科医の失踪により、数億もの借金を抱えた歌手の島倉千代子の後見人となり、島倉の個人事務所を設立して、3年間で借金完済させたと自ら語っている。島倉の命の恩人としてとマスコミで話題となりました。


1982年に、独自の研究で編み出したとされる六星占術の本を出版した。その後、1985年に出版した「運命を読む六星占術入門」がベストセラーとなって、六星占術ブームを起こすこととなる。その後も「六星占術」に関する本を数多く出版している。


1983年に、政財界にも力を持つ事で知られていた、陽明学者の安岡正篤と、結婚の約束を取り交わした。安岡正篤は当時85歳であり、安岡正篤の親族も結婚に反対していたという。婚姻届は出したものの、安岡の親族が「婚姻の無効」の調停申し立てを行った翌月に、安岡正篤は他界したという。その後、婚姻は無効となった。


2003年頃から、細木数子さんが人生相談を行う番組が高視聴率を獲得するようになったため、各テレビ局で数多くのレギュラー番組を持つようになり、今の細木数子さんに至ります。


私は、細木数子さんの最近のことしか知らなかったので、このような波乱万丈な人生を細木数子さんが送ってこられたことを知って、とても驚きました。


ふるさと青汁



>>特集!もう煮沸消毒しなくても粉ミルクは作れる?

>>たまには家事さぼりたい。
>>そんなあなたへ。ちょっとしたご褒美。
食材宅配サービスランキング


この記事のカテゴリーは「細木数子さんについて」です。
細木数子さんについて書いています。
関連記事

細木さん

細木和子さんってもう完全に引退してしまったんでしょうか? 今なにされてるんでしょ...

細木数子さん最後のテレビ出演

先週、細木数子さんが二つのレギュラー番組で最後のあいさつをされていました。「ズバ...

細木数子さんと共演者

細木数子さんと様々な共演者についてご紹介します。 細木数子さんの番組に出るゲスト...

細木数子さんのテレビ番組

2004年には細木数子さんは、「ズバリ言うわよ!」や「幸せって何だっけ ?カズカ...

細木数子さんの経歴

細木数子さんの六星占術は有名で、絶大な支持を誇っている占いです。細木数子さんのフ...