トップ > 六星占術 > 六星占術とは

六星占術とは

六星占術とは、あの有名な細木数子さんが作った占い方法のことです。

六星占術では、人それぞれ生まれながらにして持っている運命を、土星、金星、火星、天王星、木星、水星の6つの運命星に分類して占うのが特徴的です。

それぞれの運命星を持った人を、土星人、金星人、火星人、天王星人、木星人、水星人と呼びます。当サイトでは、私が天王星人なので、天王星人のことを主に書いています。


特別な条件がそろったときに限って、霊合星人(れいごうせいじん)となり、土星人の霊合星人、天王星人の霊合星人などに分類される。


運命星は、生年月日から計算できる運命数と星数によって決まります。六星占術では、運命星によりその人の占命盤が描かれて、これをもととして占いを行います。


各運命星にはプラス(+)とマイナス(?)があり、生年が子・寅・辰・午・申・戌のときはプラス(+)、丑・卯・巳・未・酉・亥のときはマイナス(?)となる。例えば、天王星人(+)や、天王星人(?)などのように書く。



>>特集!もう煮沸消毒しなくても粉ミルクは作れる?

>>たまには家事さぼりたい。
>>そんなあなたへ。ちょっとしたご褒美。
食材宅配サービスランキング


この記事のカテゴリーは「六星占術」です。
六星占術について書いています。
関連記事

六星占術とは

六星占術とは、あの有名な細木数子さんが作った占い方法のことです。 六星占術では、...